メニューを飛ばして本文へ

お店の『人材』『売上』に関する問題の解決方法がわかる。

トップページ > 教材販売 > 【MS-4】 スタッフが思ったように動かないとお悩みの方へ

【MS-4】 スタッフが思ったように動かないとお悩みの方へ

どんな時代でも通じる

人の採用・育成の極意

お伝えしようと思いますが

興味はありますか?

未曽有の大不況の中、企業の求人状況は、一般的に広告を出せばドカンと人が集まるようになっていると思われています。
また、現実にそういう状況になっているとの声も多くお聞きます。

でも、現場では…

以前と変わらず「人」の問題に頭を悩ます経営者は減っていません。

これはどうしてなのか?


岡本文宏

こんにちは、店長専門ビジネスコーチの岡本文宏です。

「もう人に悩みたくない!店長のための採る・育てる技術」という店舗における「人」の問題解決メソッドをご紹介する本を日本実業出版社から出版いたしました。


そして、ちょうど、出版して1ヶ月後には出版記念セミナーとして

本の内容を深掘りし、さらには、本では書き切れなかった詳細情報を集め、お店が理想とする自分で考え・動くスタッフをいかにして作りだしていくのか?に関するノウハウを詳しくお伝えしていきました。


今のような不況下での就職難の時代には、中小規模以下の企業やお店は、自社にも優秀な人材が採用できるのではないかと期待をし、求人に力を入れようとするケースも少なくありません。


実際に、都心部の飲食店などで求人誌を利用するとドカンと応募がくるという現象も起こっています。

でも、

現場の多くの経営者や現場マネジャーは

「スタッフが思ったように動かない
遅刻、欠勤が続きシフト組みがままならい」
「採用しても、すぐに辞めてしまう」

などという悩みを以前と変わらず抱き続けています。


結果として、求人難に苦しんでいた時期と比較して、大きな差を感じることはないというのが実情ではないでしょうか。


もし、あなたのお店が人員の補充はできていたとしても、お店の「人」問題の根本的な解決には至らずにいるとしたら…

それは、スタッフの採用、人材育成において大きな過ちを犯しているからかもしれません。

それらの過ちを是正するための解決策とは?

今回行った、出版記念セミナーでは、お店の「人」に関する諸問題、犯しがちな過ちを回避するためのヒント、成功事例、今すぐ活用できるツールの数々を具体的にご紹介していきました。

セミナーの中でご紹介したコンテンツの一部としましては…

  • 自分で考え動き、長続きするスタッフを採用するコツ
  • 効果的な求人広告を作る際に 掲載するべき7大項目
  • 自分で考動するスタッフを育てるためのマネジメントツール
  • 店主がいなくても問題解決を正しく行えるマニュアル作成法
  • 私は聞いてない!とスタッフをに言われないための研修ツール
  • 簡単に、もれなく、スピーディーに伝えきる情報連絡ツール
  • 顧客満足度の高いお店にするためのスタッフの動かし方
  • スタッフのモチベーションをアップさせるための催事のやり方
  • 新人スタッフのモチベーションを一気に上げる、入社1日目の在り方
  • スタッフ同士が自然に気遣い合える環境を作るための方法

ここでは。すべては書ききれませんが、今すぐ使える実践的なメソッド、ツール、マネジメント手法を具体的にお話していきました。

その中には本の中では書けなかった未発表のコンテンツも含まれています。

セミナーに参加された方からは…

  • シンプルで分かりやすい解決法をいただきました。(飲食店経営)
  • 異業種の方の生の素晴らしいアイデアを聞くことができ、本当に参考になりました。(鍼灸治療室経営)
  • 経営者本人の「考動」する思いが一番重要ですね。私自身も頑張らねばとつくづく感じました。(ビル管理会社経営)
  • 分かっているけれど出来ていないことに気付かされました。(会社経営)

  • すぐに使える役立つ情報やツールが満載でした。本も勿論素晴らしかったけれど、直接お話が聞けて、さらに理解が深まりました。(イベント主催会社COO)
  • 非常に具体的で今日からスグ使える方法論を学ぶことができたので参加できてよかったです。(経営コンサルタント)
  • 店舗以外のビジネスにおいても通用する部分が多々あり、とても参考になりました。(経営コンサルタント)

  • 本に書いていない詳しい内容を知ることができ、人が自発的に「考動」する仕組みを教えてもらいました!(コーチ)

などの感想もいただいております。


また、セミナー終了時点から、「別の地方で、他の日程で再度開催はありませんか?」というご質問も頂きました。


私は自主開催のセミナーはほとんど行いません。
昨年度も、毎月のように講演、セミナーを実施していましたが、自主開催のセミナーは1年を通して1回のみでした。
なので、このセミナーの再演は今のところ予定しておりません。


ただ、世の中では、求人の状況が改善されているという印象を持たれているため、さらに、この手のテーマに関する情報が世に出回ることが少なくなってしまったと私は捉えています。

今までも、「人」の問題といえば、中小規模以上の企業が対象の情報がほとんどでした。

でも、現場では以前よりもまして「人」に関する問題は大きな問題となり現場の経営者、マネジャーを苦しめるようになってきています。

セミナー終了後、参加者様の感想をすべて読ませていただき、今回のセミナーコンテンツは「人」の問題に悩みを抱いている多くの店長、経営者の方々にとって、今の時代に絶対に必要な情報であることを確証するに至りました。

であるならば、このセミナーのコンテンツを、できるだけ多くの方にお伝えすることはできないか。
そう思い、この度、セミナー開催時に収録していました音声ファイルを編集し音声セミナー教材として発売することにしたのです。

オーディオ・セミナー教材 Vol.4 (ダウンロード教材)

「自ら考動する(考え・動く)スタッフを作りだす採る・育てる技術マスター講座」

【教材内容】 
・音声ファイル 合計約80分
 ・セミナースライドPDFファイル
 ・セミナーシナリオスクリプトPDFファイル

CSACD−4.jpg

※ダウンロード教材です。CD盤、パッケージ、動画のお届けはございません。また、音声ファイルの音質は、セミナー会場でのライブ音声をダイレクトに収録しているため、一部ノイズなどが混ざっている部分がございます。
当教材は商品の目的を音声コンテンツの内容をお伝えすることに特化させておりますので、音質は上質であるとは言えません。その点をご理解の上お申し込みくださいませ。

また、今回販売するにあたり、価格設定にかなり迷いました。

正直言って、今回のセミナーは本と合わせてお聞きしていただきますと、現在の私が持ち得ている「人」に関する最新情報を全て手に入れることができるといっても過言ではない重厚な内容となっております。
ですから、価格を低く抑えることは避けたいと当初は考えておりました。

ただ、あまりにも高額商品となると必要な情報が、必要な人の手に渡らないということにもなりかねません。

ですので、今回は当教材シリーズと同価格の1セット14000円(+税)とさせていただくことになりました。

教材価格 14000円 + 税

※ 教材代金は、申し込みフォームに必要事項をご記入後、確定ボタンを押したあとに現れる画面上で決済して下さい。
 ↓  ↓  ↓
1人でも人を雇っている方。
もしくは、これから人を採用していこうと考えている方。
及び、お店の「人」の問題をすでに抱えている方は、このチャンスを逃さないように、今すぐ下記をクリックしてご予約をお済ませください。
↓  ↓  ↓
教材を申し込む(ここをクリック)


copyright (c) 2014 メンタルチャージ ISC研究所 All right reserved.

お知らせ

2017年11月
◆【岡本文宏セミナー】

11月16日(木)神戸にて毎年恒例の大セミナーイベントSuper Charging Day&Night12th開催決定!【詳細はここをクリック】

◆【岡本文宏の教材】

みるみる人が動きだす!人材マネジメント9つの方法


【メディア執筆】
「月刊 商業界」「月刊 コンビニ」等にて執筆中
11月中旬に新刊発売予定!


◆【ブログ執筆中】
効果的な店舗の人材活用法を知りたい人はいませんか?

無料プレゼント 経営情報誌 特別号 メールセミナーお店の『人材採用、育成』『売上アップ』の秘訣がわかる。今すぐ無料登録

さらに、定期的にEメールにて最新経営情報、セミナー、イベント等のご案内も差し上げます。

今すぐ業績アップしたい商店主のための経営サポートメルマガ

書籍のご案内

仕事を任せるシンプルな方法

SS総合1位.png

仕事をまかせるシンプルな方法BOOK2S.jpg

著者:岡本文宏
定価:1,543円(税込)

Amazon.co.jpで詳細を見る


もう人で悩みたくない!店長のための 採る・育てる技術

もう人で悩みたくない!店長のための 採る・育てる技術

著者:岡本文宏
定価:1,512円(税込)

Amazon.co.jpで詳細を見る


セミナー教材

繁盛店になるための自主学習教材はこちら

セミナー教材 繁盛店 マネジメントなぜ、あのお店には優秀なスタッフが集まってくるのか?

詳細を見る


メディア掲載

各種メディアで執筆・紹介されています。

商業界 2011.5月号.jpg

詳細はこちら


  • Fumihiro Okamoto

    バナーを作成