メニューを飛ばして本文へ

お店の『人材』『売上』に関する問題の解決方法がわかる。

トップページ > MS 25 > MS 25

MS 25


今迄ごく一部の人にしか明かさなかった


これから10年以上に渡り


好業績な店舗であり続けるための


ビジネスの奥義を初めて公開します。


2015年(枠有S) 岡本文宏プロフィール写真_104.jpg

こんにちは、商店主専門ビジネスコーチの岡本文宏です。

今日は経営者にとって、とても大切なお話をしますので、ぜひ、私に3分だけお付き合い頂けますか?


ビジネスを何年か続けていると、ときに少し立ち止まり「次にどう展開すればいいのか?」と考える瞬間が訪れます。

そこでの選択肢として、例えば店舗を増やして拡大路線へと舵を取ることも一つです。

また、新たなジャンルに触手を伸ばしチャレンジすることも大いにありです。

ただ、新たなるステージに向かい、動き出そうとする自分がいる一方で、「今のままでも大きな問題はないし、変化することのリスクを考えると、おいそれとは新たな世界に足を踏み入れることはできない」と考え、現状維持を望む自分も同時に存在しているという場合も少なくありません。


人は誰しも変化を嫌います。


自分にとって大きなメリットがあると感じられる場合を除けば、現在、居心地の良い場所にいたとしたならば、わざわざリスクをおかしてまで今いる世界を飛び出すという人は稀です。

変化を嫌い、現状維持を望む人が多いのは、新しい世界に飛び込むことで、今までの生活が大きく変化してしまうことへの懸念。そして、これまでの経験が通用しなくなることに対して恐怖を感じることがその原因であると言えます。

私自身もかつて、変化することの必要性を頭では分かっていながらも、なかなか行動に移せずにいた時期がありましたので、その気持ちはよく理解できます。


ただし、時代は刻々と変化し続けています。

あと2年で、東京オリンピックが開催されます。その5年後、2025年には高齢者の比率が人口の30%を超えると言われている超高齢化社会に突入することになります。このように時代の進行は待ったなしです。

もちろん、そうなればビジネスのやり方、あり方も今までとは大きく変化することでしょう。


そうした中で、あなたのビジネスを好調な状態のまま継続するには、現状維持のために力を注ぐのではなく、自ら『変化の波』を起こし、次のステージへ進む力を備えることが不可欠となるのです。


では、いつ、どのように変化するための力を養えばいいのでしょうか?


その問いに対する私なりの“解”をこの度リリースする教材でお伝えしようと思います。

   

【教材タイトル】

「これから10年以上 繁盛し続けるためのビジネス展開の奥義」
〜変化に対応できる 強い経営者・リーダーになる3つの方法〜

この教材は、2016年11月17日の午後に開催された、私のクライアント様と関係者を集め半クローズドで行われたセミナーを収録、編集したものです。

その教材の中で、あなたにとっての“NEXT STAGE〜新しい段階〜”へ突き進むために必要な『考え方』『情報』『メソッド』について、詳しくお話します。

セミナー風景DSC03972.jpg


◆ 以下の中で一つでも当てはまる項目があるとしたら、ぜひとも本教材をご入手ください。


  • 今は上手く回っているが次の展開が定まらず不安だ

  • リスクを先に考えてしまうので次へ進むことを躊躇してしまう

  • 今はいいが10年後も同じことをやり収益を上げる自信がない

  • 陣頭指揮を執っている身なので現場から離れるのが不安

  • 新たな道を開拓しなければ…と頭では分かっているが動けていない

  • 少し先ではあるが次世代への事業承継のことも考えなければいけない

  • できるだけリスクを低く抑えながらもビジネスを拡大させたい

  • かねてからの目標である複数の店舗を経営したい


  • ◆ 教材の中でお伝えすることは?

    • 次のステージへ進むための分岐点を見逃さない為に…

    • なぜ、以前(開業当初)のように直ぐに行動できないのか?

    • どんな時代でも強い企業であり続けるためのビジネスの構造を知る

    • ビジネスはジェット旅客機をモデルとする

    • 事業拡大を『夢』で終わらせないために必要なこと

    • 次のステージへ無理なく上るための人材確保とは?

    • 次世代へのバトンタッチの準備はいつから行えばよいのか?

    • 次のステージへ進むために不可欠な最重要事項



    ◆ 教材で学んだ後に、あなたを待っている 劇的な変化 を少しお伝えすると。




  • 時代の波に翻弄されずに経営を行う術が習得できる

  • 変化への対応力を身につける方法が分かる

  • 次のステージに進むための準備のやり方が分かる

  • どうすれば自ら変化の波を起こせるのか?その方法が理解できる

  • 10年以上先も十分収益を上げ続ける自信が持てる

  • 前進するための推進力を得ることができる

  • 次世代へ事業承継を行うベストなモデルを知ることができる

  • 今後10年以上先を見越したビジネス拡大の方法をが理解できる

  • 次のステージに進むために今すぐやるべきことが分かる。

  • 「今すぐ行動に移したい!」と思えることが複数見つかる。


  • 中、小規模の店舗、企業の業績は90%以上が経営者の能力の有無によって左右されます。

    そうであれば、今後、あなたの店、会社がどのよう成長するのか?については、すべてあなたに掛かっているといっても過言在りません。

    時代の変化に対応し、うまく次のステージに進むために、必要な経営の考え方、情報、メソッドを、ぜひ、この機会に学び手に入れてください。


    今回のセミナー教材『これから10年以上 繁盛し続けるためのビジネス展開の奥義』は、以下の3つのパッケージをご用意しました。

    camera-2008489_640.png


      セミナー教材

    『これから10年以上 繁盛し続けるためのビジネス展開の奥義』   (収録時間 約70分)


     
     【動画で学ぶパッケージ】

    セミナーを動画でじっくり視聴したい。幹部スタッフ・現場リーダーと一緒に視聴して学べる教材です。

     
     【動画と情報誌半年間購読パッケージ】

    セミナーを動画でじっくり視聴した後で、毎月1冊、経営、マネジメント情報が満載の経営情報誌が届くプランです。(岡本文宏が執筆しています)それに加えて、岡本メソッドの実践経営者のインタビューが25本以上聞き放題の特典も付与されます。

     
     【動画 & 情報誌半間購読&岡本文宏との繁盛店コーチング パッケージ】

    セミナー動画と経営情報誌のお届けに加えて、半間で3回の直接電話相談が受けれるプランがセットになった充実のプランです。

    経営情報誌『ISCサポートジャーナル』は毎号16〜20ページのボリュームで構成され、表からは見えない繁盛店の“繁盛のしくみ”を克明にレポートしています。
    また、年に数本の繁盛経営者へのインタビュー音声も公開され、無料でお聞きいただけます。これまでに、25本のインタビュー音声が公開されており、それらも全てご聴講可能です。

    今回の教材もこの経営情報誌の中で公開していたものが元ネタとなっています。

    『ISCサポートジャーナル』は定期購読メンバーのみに個別にお届けしていますので、一般書店などでは一切販売されていません。通常は1ヶ月5000円+税でご提供しております。

    【注目】

    【動画&情報誌定期購読パッケージ】もしくは、【動画 & 情報誌半間購読&岡本文宏との繁盛店コーチング パッケージ】をご予約いただいた場合は、岡本文宏へ直接、月に1回(合計6回)のEメールで相談が無料で行える権利もプレゼントいたします。

    ※ 教材はセミナーを収録したものがベースとなっていますので、ご参加されている方の声、雑音などが多少含まれております。その点あらかじめご了承くださいませ。


    Special red.jpg

    とびっきり豪華な特典をご用意しました。

    今、ご紹介した教材をご予約頂きましたあなたには、以下のスペシャル3大特典をすべて受け取る権利があります。

    特典 1
    【セミナースライドのプレゼント!】 

    セミナーで使用されたスライドをPDFファイルにしてお届けします。

    教材のサブテキストとしてご活用ください。


    特典 2
    【教材のサウンドトラックを進呈!】 

    アイフォン小 ピンク.png
    当教材の音声ファイル(MP3)をプレゼントします。アイポッドなどに入れて、何度も聴き直してご活用ください。


    では、今回リリースする『これから10年以上先も事業を発展させるための経営メソッド』と豪華特典を一気に手に入れることができるセミナー教材ですが、いくらで手に入れることができるのでしょうか?

    教材のプライスは以下の通りです。

    動画で学ぶパッケージ 15,000 円+税


    動画&情報誌で学ぶパッケージ (Eメール相談付) 45,000円+税


    動画&情報誌&電話コーチングで学ぶパッケージ 100,000円+税


    【特別プライス!】

    ただし、早期予約割引としまして12月21日(木)までにご予約頂いた方に限り、以下の特別価格でご提供させて頂くことにいたします。

    動画で学ぶパッケージ 9,800 円+税


    動画&情報誌購読で学ぶパッケージ (Eメール相談付) 29,800円+税


    動画&情報誌購読&電話コーチングで学ぶパッケージ 59,800円+税

    あなたが現在展開しているビジネスを、これから10年以上に渡り、繁盛させ続けるために、あなた自身が「新たなステージに進みたい!」と本気でお考えであれば、今回のセミナー教材は、非常に意味のある、そして、価値あるものとなるはずです。

    ただ、先ほどお伝えしたように、特別価格でのご提供は12月21日(木)までとなっております。

    あなたがどうしようか迷われている間に期日が過ぎてしまうと、特別条件でご入手できるチャンスは一切なくなってしまいます。


    お急ぎください!

    今回のセミナー教材のご購入をお考えの場合は、今すぐ、以下の申し込みボタンをクリックしてご予約を完了させてください。

    ※ 以下の『今すぐ申し込む』をクリックした後、リンク先の申し込みフォームに必要事項を記入し、画面下の確認ボタンを押してください。

    その後、決済画面に切り替わりますので、そこで、クレジット決済をお済ませください。(決済はPaypalを利用しています) 尚、クレジット決済を行わない場合は銀行振込にてお振込みください。
      ↓ ↓ ↓
    今すぐ申し込む!.jpg


    追 伸

    そもそも、なぜこのテーマとして取り上げるに至ったのか?について、最後にお伝えしておきましょう。

    それは、私の現クライアントの方々を含め、ここ数年、次のステージに進むための分岐点に立ちながら、次の一歩をどう踏み出せばよいのか?迷い、悩んでいる方にお会いする機会が、非常に多くなったからです。

    私が個別コンサルティング以外でこのテーマのコンテンツを公開するのは、まったく初めてのことです。

    今後も、このテーマについては雑誌メディアなどで発表することは考えていません。

    他では触れることが、ほぼ無いと言えるメソッドを学ぶことができるチャンスを逃さず有効活用するために今すぐ、以下の申し込みボタンをクリックしてあなたのお座席を確保してください。

    ※ 以下の『今すぐ申し込む』をクリックした後、リンク先の申し込みフォームに必要事項を記入し、画面下の確認ボタンを押してください。

    その後、決済画面に切り替わりますので、そこで、クレジット決済をお済ませください。(決済はPaypalを利用しています) 尚、クレジット決済を行わない場合は銀行振込にてお振込みください。
      ↓ ↓ ↓
    今すぐ申し込む!.jpg


    copyright (c) 2014 メンタルチャージ ISC研究所 All right reserved.

    お知らせ

    2018年1月
    ◆【岡本文宏の最新刊】

    1月25日発売・予約受付中

    ◆【岡本文宏の教材】

    みるみる人が動きだす!人材マネジメント9つの方法


    【メディア執筆】
    「月刊 商業界」「月刊 コンビニ」等にて執筆中



    ◆【ブログ執筆中】
    効果的な店舗の人材活用法を知りたい人はいませんか?

    無料プレゼント 経営情報誌 特別号 メールセミナーお店の『人材採用、育成』『売上アップ』の秘訣がわかる。今すぐ無料登録

    さらに、定期的にEメールにて最新経営情報、セミナー、イベント等のご案内も差し上げます。

    今すぐ業績アップしたい商店主のための経営サポートメルマガ

    書籍のご案内

    仕事を任せるシンプルな方法

    SS総合1位.png

    仕事をまかせるシンプルな方法BOOK2S.jpg

    著者:岡本文宏
    定価:1,543円(税込)

    Amazon.co.jpで詳細を見る


    もう人で悩みたくない!店長のための 採る・育てる技術

    もう人で悩みたくない!店長のための 採る・育てる技術

    著者:岡本文宏
    定価:1,512円(税込)

    Amazon.co.jpで詳細を見る


    セミナー教材

    繁盛店になるための自主学習教材はこちら

    セミナー教材 繁盛店 マネジメントなぜ、あのお店には優秀なスタッフが集まってくるのか?

    詳細を見る


    メディア掲載

    各種メディアで執筆・紹介されています。

    商業界 2011.5月号.jpg

    詳細はこちら


  • Fumihiro Okamoto

    バナーを作成